FC2ブログ

実は大丈夫じゃありませんでした



お台場デートの途中ではございますが、記録記事を・・・



長文で文字ばかりなのでスルーしてください。 記録の為、残しておきます。



以前、おなかがギュルギュル鳴って止まらないという記事を書きましたが



コメントに 「うちの子は、ギュルギュルのあと、ひどい下痢が続いた」 と書いて



いただいたお友達がいました。 それを読んで、少し心配ではありましたが



パールは翌日にはお腹も鳴らず元気だったので、よかった~ってことで



お台場デートに行ったわけですが・・・・ 



実は大丈夫じゃなかったんです。



金曜日から 下痢が始まりました。 お腹の少し弱いパールさん、いつも便がゆるくなったら



ビオフェルミンを飲ませると、翌日にはまったくOKになるんですが、今回は治まるどころか



酷くなる一方で。。。  日曜日には10分おきにトイレに駆け込む状態 



出るものも出ないのに、トイレに駆け込み、水みたいなのが出るだけ。



ビオフェルミンで治らないとなると、これは大変かもしれないと、病院へ。



結果、 『細菌性腸炎』 でした。



お薬出しますが、注射の方が早く効きますがどうしますか?と聞かれ



もちろん、迷わず注射をお願いしました。  注射3本してもらって



お薬、5日分もらいました。  ビクタス:抗生物質   デルクリアー:下痢止め




IMG_0449.jpg




おそらくすぐに治まると思うけど、治まっても薬をやめないで5日間飲ませてくださいと



言われました。  よくなったからといってやめるとぶり返すんだそうです。



やはり、尋常じゃないお腹のギュルルルルは、腸の調子が悪くて動いているからだと。



お腹すいたギュルル~なんて可愛い音じゃかったからね。。。。



その時からあまり調子よくなかったのに、お出かけして1日遊ばせてしまったから・・・?



疲れた体、細菌は活発化しちゃうみたいです。  主な原因は、食べ物だとのこと。



お台場で、ちょっと気になる出来ごとあったので、もしかしたらそれが原因かな?とか



おうちで出してるフードがいけなかったのかな?とか、色々考えてしまいました。




FullSizeRender_2016071220174612c.jpg




注射してもらって帰って来てからは、トイレに駆け込むことがなくなりました。



少し安心。  パール本犬も、何度もトイレ行くからおしりいたくなってたみたいだし。。



そして、今日、やっと、コロコロではないけど、形ある  が出ました 




でも、細菌性は、油断は禁物。  しばらくお薬つづけます。



人間でもそうだけど、体の中の悪いモノを出し切るために下痢するので、



むやみに下痢を止めるのも危ないと聞いたことがあります。



でもそれは、細菌を消滅させる治療をせず、下痢だけ止めちゃうケース。



細菌が腸内に繁殖して、それを出すのを止めちゃうと命にかかわります。



しかも、細菌によって、効く抗生物質が違うらしく、見極めが重要らしい。



パールの先生は、便をとってすぐに顕微鏡で見て、「いました!細菌!わかりましたよ」って



的確なお注射と薬を出してもらえたみたいです。



パールも不安そうな顔から、ホッとしたような元気な顔に戻りました。



まだまだ、様子見が必要だけど、 治まってよかった 








治療終わってお気に入りの素朴なイケメン先生と雑談中
先生も前日お台場に行ってたんですよというお話になり、わんちゃんとですか?と聞いたら、
いえ、子供とです!って言われてガーーン(+_+)  先生、結婚されてたのね。。
ちょっとショックを受けた私でした(笑)




                            

  
          にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
        ポチっとしてね♪  Byパール